京大志望、仮面浪人生の日記

京大合格を目指し体育系大学で浪人生活!

スティーブジョブズの言葉を考える

寝る前にスティーブジョブズの言葉について考えてみたいと思います。

 

I'm as proud of what we don't do as I am of what we do.

我々がすることと同じくらい、我々がしないことを私は誇りに思う。

 

 You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.

 未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると 信じなければならない。        

               -Steve Jobs-

 

一つ前の記事で、達成したい事、(例えば私の場合は京大合格ですが)以外は仕分けをしてやらない事が必要だと書きました。上の言葉はおそらく、アップル社がやっている事にも誇りを持っているが、やらないと決めてそれをやらない事にも誇りを持っている、という意味だと思います。他の人に嫌われたくないから嫌々やるような事はせず、自分のやりたいことをやる。これだけでなくやりたくないことはやらない、これが価値がある事なのだと、そういう意図に思われます。やりたくないことはやらない、かっこいい生き方です。

 

二つ目の言葉は自分の信念を捨ててはいけない、私が信念を持ち続けられたのは好きなことをやり続けていたからだ。という文脈の中の言葉です。自分のやりたいことをやっていたから、その分野で成し遂げたい事を形にするという信念を持ち続けられたということでしょうか。つまり、自分のやりたいことをやって、その分野で成し遂げたい事を形にするという信念を捨ててはならない、宗教でもオカルトでも根性でもどんな方法でもいいからとにかく

出来ると信じろ。ということだと解釈しました。確かに未来の事は確定していないわけですから信じるしかありませんよね。