京都大学を目指す仮面浪人生の日記

京都大学教育学部合格を目指し体育系大学で浪人生活!

10/19(木)

 

今日は上記の事に納得して、楽しくやってます。

 

どうすれば没頭できるのか。

 

 

 

Kindleでささっと読みました。オヤジさんの言葉に、

学校よりもクリエイティブな一日にできるなら無理に行かなくてもいい

とあったのですがこれにはなるほどと思いました。何かやりたい事があるのならば学校に行かないで没頭するほうがいい、という事でしょうか。しかしこういう親もなかなかいないので子どもは自分で情報収集して、自分で考える必要があると思います。それから他に参考になった部分は大まかに2つです。

  1. 色々な人と会うことで人生のロールモデルを見つけられる。
  2. 何かしらハマる前には導入が必要。

1については、私も面白い事をしている人と話すと新しい知見が得られると思います。面白い人がいたら話してみるのは大事なのでしょう。2については、目標さえあれば作業にハマれる堀江貴文さんのような方もいます。ただ、興味があったほうがよりハマりやすいとも言えます。例えば数学をやらなくてはいけなかったら、数学史のマンガを読んでなぜ微分という考えが生まれたのかなど知れば興味がわくかもしれません。ちなみに下のマンガを実際に読んでみましたが数学に対する興味は分かりませんが、特定の分野(非ユークリッド幾何学やトボロジー、三角関数など)に対する興味は増しました。

 

マンガ おはなし数学史―これなら読める!これならわかる! (ブルーバックス)

マンガ おはなし数学史―これなら読める!これならわかる! (ブルーバックス)

 

私の場合は受験まで時間が無いので興味が無くても目標を決めて作業自体にハマるのが望ましいです。 ただ、こういうマンガだったら1時間とかで読めますし、どうしても集中して勉強に取り組めなかったら興味を引き出すために導入作業をするしかないと思います。

 

機種変

ブログを隙間時間に書くためにスマホを買いましたが、先ほど設定まで終わらせることができました。

 

予算が1.5万円だったので、次期スマホ売上首位と言われるhuawei を買うことにしました。新品でも安くて一個前の機種は2万円ぐらいで変えます。それでも新品は変えないのでメルカリで新品同様P9 liteの開封しただけで使ってないみたいなものを1.5万円で購入しました。

 

それからsim カードのサイズが合わなかったのでSIMカードのパンチで切り抜いてnanoSIMにサイズチェンジしました。
f:id:BraveAdler:20171009154131j:image

 

かなり力を入れないと切り取らないので不安になりましたが、うまく切り取れました。新しいスマホでも認識されたのでよかったです。

 

↓P9lite

 

 https://www.amazon.co.jp/Huawei-LITE-SIMフリースマートフォン-VNS-L22-GOLD-【日本正規代理店品】/dp/B01GCAN5X0

スティーブジョブズの言葉を考える

寝る前にスティーブジョブズの言葉について考えてみたいと思います。

 

I'm as proud of what we don't do as I am of what we do.

我々がすることと同じくらい、我々がしないことを私は誇りに思う。

 

 You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.

 未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると 信じなければならない。        

               -Steve Jobs-

 

一つ前の記事で、達成したい事、(例えば私の場合は京大合格ですが)以外は仕分けをしてやらない事が必要だと書きました。上の言葉はおそらく、アップル社がやっている事にも誇りを持っているが、やらないと決めてそれをやらない事にも誇りを持っている、という意味だと思います。他の人に嫌われたくないから嫌々やるような事はせず、自分のやりたいことをやる。これだけでなくやりたくないことはやらない、これが価値がある事なのだと、そういう意図に思われます。やりたくないことはやらない、かっこいい生き方です。

 

二つ目の言葉は自分の信念を捨ててはいけない、私が信念を持ち続けられたのは好きなことをやり続けていたからだ。という文脈の中の言葉です。自分のやりたいことをやっていたから、その分野で成し遂げたい事を形にするという信念を持ち続けられたということでしょうか。つまり、自分のやりたいことをやって、その分野で成し遂げたい事を形にするという信念を捨ててはならない、宗教でもオカルトでも根性でもどんな方法でもいいからとにかく

出来ると信じろ。ということだと解釈しました。確かに未来の事は確定していないわけですから信じるしかありませんよね。

 

 

 

10/8(日)

最近改めてやることの仕分けをしました。シンプルに言うと、やらない事を決めたと言うことです。最近あっという間に一日が終わっている感覚がありまして、一日は本当に24時間あって睡眠時間9時間を引くと起きてる時間が15時間あるはずなのに6時間しか勉強していないのはなぜだろうと。

 

 

結局は残りの時間は勉強以外の事をやってしまっているんですよね。まず、勉強始めるまでラインとかFacebookとかやってて、それだけで一日累計2時間ぐらい。それから昼寝も2時間ぐらいしてるだろうと。夜しっかりと眠れるようになれば要らないよねと。それから食事に時間かけすぎだよねとか、まあいろいろやらないこと決めました。あとはブログを読みやすいようにする作業も要らないよねと。合格したいのだから、恋愛もゲームも音楽鑑賞もブログのPVアップも、それから漢文の2次対策も要らない、やりたいなら終わってからやればいいと。ただブログに関してはこうやって隙間時間に記事を書くことによって考えが整理されてモチベーションが湧いてくるので自分の中では優先順位はそこまで低くはありません。

 

 

あとは勉強のマンネリ対策に筋トレをやりはじめました。1日おきに15分ぐらい腕立て伏せとかスクワット等をやってます。頭がすっきりしてより勉強に集中できるようになりました。

 

最近は朝8時前に起床。平日は大学の学食、休日はパンです。大学までは行き帰りが15分、食事が15分で、だいたい8時半からポモドーロ開始。1時頃に昼飯、6時半頃に夕食、それぞれ移動時間とか待ち時間を含めて40分ぐらい。10時頃まで勉強したあと、11時頃に就寝という感じです。

 

ちなみにポモドーロは25分作業、5分休憩を4セット(4セットめの休憩は15分)、これの繰り返しです。12時間ポモドーロを行うと休憩を抜いて9時間分の勉強時間を確保できます。つまり集中時間は75%ぐらいですね。ただ、私の場合は休憩をとらずに勉強するよりも4倍ぐらい作業効率が上がっています。

 

最後にこの記事は高速フリックで書いたので多分誤字脱字があると思います。ご了承ください。

 

10月3日 情報の大切さ

目次 ▼

近況報告

今日の目標

 

近況報告

昨日の記事でほぼ授業には出席しないつもりであると書きました。その事を友達に話したら必修だけ取れば前期フル単しているだろうから留年せずに済むと教えてもらいました。そこで日が変わって今日の午前中に教務課に行きました。そして履修登録の担当の方と相談して必修科目だけは履修する事にしました。なぜなら休学するわけではないのに留年前提で全く授業に出ないのは罪悪感に苛まれて仕方が無かったからです。教務課の方に履修登録をチェックしていただいた結果後期は必修の4コマ取ればいい事が分かりました。これで何も気をとられる事なく勉強できます。それにしても他者に話してみると思わぬ解決策が見つかるものですね。

f:id:BraveAdler:20171003115543p:image

 

 あとはブログをスキマ時間に書くためにスマホを買い換えました。今までのスマホは古くて処理が遅かったんです。だからipadで書いていたのですがwifi環境がないところでは書けませんでした。おそらく金曜日ごろに購入したスマホが届くと思うのでそしたらブログの更新頻度も増えると思います。

 

 

今日の目標

黄チャート  24問暗記

10月2日 ドロップアウト。

お久しぶりです。後期から大学を休学するつもりでしたが親と折り合いがつかず休学はしない事になりました。今日から大学の後期の授業が始まりましたが、今は受験勉強がやりたいので大学の授業はばかばかしくて出ていられないですし受験勉強に没頭したいというのが正直な気持ちです。結局悩んだ末、単位取得はあきらめるというか切り捨てる事にしました。そして今日、高校においての担任にあたる教授に大学受験をするつもりである事、単位取得は切り捨てる事を話してきました。

 

 

あとは、前期に英語を教えてくださった教授にだめもとでお願いしに行ったのですが、英作の添削をしていただける事になりました。

私『最近英作文の勉強をしていて自分で採点をしてみるのですが、それだけでなく客観的にみてくれる方がいればいいなと思って、どうか教授にお願いできないでしょうか?』

教授『どんな勉強をしているんだい?例えばどんな問題を解いているの?』

私『……そうですね、えっと例えば大学の過去問ですね』

教授『和文英訳?それとも自由に?』

私『和文英訳の問題です。』

教授『君、大学受験をするつもりだね。どこを受けるんだい?』

私『(なんで大学受験の事が分かったんだ?)ええっと、京大です。』

教授『4回生にも医学部受験をする人がいるんだけどね自分のやりたいようにやるといいよ、私でよかったら添削をしようか。』

 

このようなやり取りを経てfacebookで友達で連絡先を交換してサポートしていただける事になりました。その教授は優しそうな方だと思っていましたがここまで懐の広い方だとは知りませんでした。教授、英作の添削をしていただける事に感謝しています。

 

 

とまあこんな感じで単位は切り捨てる事にしましたし英作の添削をしていただける事になったしあとは勉強に没頭しようと思います。それから1週間に90分だけ全員必修の授業があるそうなのでその授業だけは仕方ないので出席するつもりです。

 

 

このまま何もアクションを起こさないと4年間という時間と何百万もの金を浪費しながらだらだらと過ごす事になってしまいます。京大に受かれば親を説得してこの環境から抜け出せます。そうです、私にとって受験勉強とは親を説得するツールなのです。